ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2015.11.11 Wednesday

みんな大好きな革〜ヌメ革について

皆さんヌメ革は大好きですよね?
iPhoneImage.png
僕も大好きです(^^)なぜなら、、、使い込むほどに味わい深く変化をしてゆく表情がとても魅力的に感じるからです♪

では、ヌメ革とはどういう革なのか??
「肌色の革がどんどん濃い色に変わる革」、「ベージュの革が飴色に変わる革」などのイメージでしょうか?その通りです(^^)
iPhoneImage.png
ヌメ革=肌色、ベージュの革と言うのは間違いありません。しかし、現在ではベージュの他に、ブラックやブラウンを始め、レッドやグリーンなどカラフルな色も作られています。となると〜ヌメ革=肌色、ベージュに限らない事になります。

改めて〜ヌメ革とは?
ヌメ革とは、植物の渋み成分であるタンニンを抽出した鞣し剤で鞣されたもので、表面を型押しや塗装加工を施さずに表面を仕上げた革です。革の特徴としては、繊維が引き締まりハリとコシがある革で耐久性があります。そして、経年により味わい深く色が変化してゆく革ということになります。
色の入ったカラーヌメは、「肌色・ベージュの革がどんどん飴色になる」という色の変化はわかりませんが、実際の革の中ではそれと同じ変化をしているということになります。イエローが飴色になることはありませんが(笑)深みをましたイエローに変わってゆきます。

と言うことから、、、ヌメ革とは、本来は革の鞣され方(植物性のタンニン使用)と仕上げ方(表面を無加工で仕上げられている。表面を磨き上げたグレージング仕上げもあります)で分けられる訳です。

ヌメ革は最も革らしい革なのですが、無加工なので始めは表情が味気なく感じると思います(^^)
でも、安心して下さい♪使い込むうちに、色の変化や触れたり擦れたりすることでできる”アタリ”や”ツヤ”が出てきます。
無加工なので、汚れもつきやすいですが、変化の様子が目視でわかるくらい劇的な変化をしてゆく楽しみがあります。使い方で変化の仕方が違うので、人それぞれの表情へと変わっていきます。そして唯一無二のモノになっていく訳ですね♪

「革って味わい深くて良いよね〜♪」といったフレーズを良く耳にしますが、それはヌメ革の経年変化のイメージから浮かび上がるものだということです(^^)
革に興味がなかった方が、突然ハマル事があります。やはりそんなヌメ革の表情の変化の虜になるのだと思います。

これまで注力していなかった皆さんも、ヌメ革について注力して素材を見てみるとまた違った発見があるかもしれませんね(^^)

ちなみに、写真の一枚目、2枚目をご覧いただければわかるように、同じヌメ革ですが、なんだか表情が少し違います。でもこれらは同じ一枚の革なんです。
同じ一枚の中には、シワが入っている部分と入っていない部分があります。牛の部位によっての違いなのですが、育つ環境で着くシワや傷も様々で一頭一頭違うわけです。無加工なのでそのまま革として仕上がるのです(^^)

シワが入った感じが好きな方もいればツルツルした感じが好きな方もいらっしゃいます。マットな感じが好きと言う方もいるでしょう♪
革や革製品をみる機会があれば、是非そんな事も意識してみてみて下さい♪

ではまた、、、つづく

レザーデザイナー
宮崎泰二

革財布、名刺入れ、キーケース、トートバッグ、時計ベルト、革小物、アクセサリー(コードバン、牛革、馬革、クロコダイル) 
  Leather & Silver Factory【NATURAL】 
  〒921-8045 石川県金沢市大桑1-19 
  電話 076-220-7793 
  パソコン http://nukumorii.net 
  メール info@nukumorii.net 
  休 水曜日 
  ※現在、直営店頭販売は行っておらずオンラインショップ販売となっております。石川県内、出張受注&販売していますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。    
  ※当店の製品をお取扱いしていただけるショップ様を募集しております。お気軽にお問い合わせ下さいませ。
 
  Instagram 
 
  facebookで情報配信中〜 
JUGEMテーマ:ハンドメイド小物
Powered by
30days Album
PR